IEMS-JAPANについて

”災害医療の実践と普及”
-災害から一人でも多くの人を救うために-

 近年続発する大規模な自然災害および人為災害、ならびに今後発生が予測される生物・化学剤、放射性物質による災害に対して国際的な対応が求められています。日本の災害医療も飛躍的に発展していますが、迅速な被災地へのアクセス、現地のニーズに即した支援、各支援機関との連携、急性期を過ぎた被災者の心のケアなどは未だに十分ではありません。

 私たちは、そのような課題を克服するために、災害地の医療や衛生に関する情報収集・分析を常時行い、被災者の心のケアを重視し、定期的なセミナー・講演会を通して活動は研究成果を社会へ発信し、ネットワークを強化していきたいと思います。

 本法人は、幅広い層の会員のコミュニケーションによって、国内外の災害援助機関との連携、情報の共有化を実現し、緊急時に真に求められる災害医療・衛生支援およびメンタルヘルス面の支援を目指し、世界の人々が健康で文化的な生活のできる社会の実現に寄与することを理念といたします。

特定非営利活動法人 国際緊急医療・衛生支援機構